エントリー

カルドセプトと私 (その3)

そんなこんなでまたまたカルドセプト。

 

最近、対人戦をさせていただく機会が増えたのだが、

いやー、やればやるほど、よく出来てると感心する。

中でも「戦闘以外の駆引き」。これが非常に熱い。

 

これもゴリ押しのCPU戦では気付かされなかった事だが

カルドセプトの対人戦は、戦闘に勝つことだけが勝利

ではなく、「負けて美味しい」場面も存在することを学んだ。

 

特にそれを思い知ったのがコイツ。

 

14100201.jpg

 「バルダンダース」

 

ランダムなクリーチャーに化けるという、

一見、ウケ狙いにしか見えないクリーチャー。

しかし、コイツの本質はそこではなく「コスト」。

なんと10。メチャクチャ安い。

 

つまり使用者側はリスクなしに使い放題に近い。

逆に相手は万が一に備え慎重にならざるを得ない。

 

アイテムやスペルを使わせれば、しめたもの。そのコスト分相手に損失を与えたことになる。

変なクリーチャーに化けても、場を沸かせるという意味で美味しい(笑)

 

 弱いカードにもワンチャンあり。

 

一般的に対戦ゲームというものは、性能の高い

キャラクターが一方的に有利になるものだが。

カルドセプトはその常識を覆す駆け引きの連続。

 

ホント、このゲームはよく出来てますわ。

 

~つづく~

ページ移動



ユーティリティ

拍手送信

拍手送信フォーム

【拍手へのレス】

プロフィール

管理者:KABU
縞々カラーが好きなただのゲーム好き。ゲーム系4コマ漫画を描くのがライフワーク。

NintendoNetworkID :KABU-P
3DSフレコ :4081-5565-3136

広告

バナー ゲームレジェンド28新刊 BEEP様にて販売中です。
バナー ゲームレジェンド26既刊 BEEP様にて販売中です。